●遠赤外線を使った電気式びわ温灸器

びわの葉 最近では、もぐさを使用しない遠赤外線式びわ温灸器が開発されています。このびわ温灸器の最大の特徴は、もぐさの熱に近い遠赤外線を発生させる電気ヒーターを内蔵してることです。びわ温灸器の内部に設置された遠赤外線ヒーターによって、びわ葉エキスを染みこませたカートリッジが熱せられて、びわ葉エキスが気化して皮膚から吸収されます。
 さらに、遠赤外線による温灸効果や加圧による指圧効果も得られますので、びわ葉エキス成分の薬効、温灸効果、及び指圧といった3重の効果で、効率よくびわ温灸施術を行うことが出来ます。

 これまでのびわ温灸療法では、棒モグサを使用するため、びわ温灸の施術中に発生する大量のモグサの煙が問題になっていました。この遠赤外線式びわ温灸器の登場で、これまで煙の問題で治療できなかった、入院中の患者さんもびわ温灸療法の施術が出来るようになりました。
 また、病院、鍼灸治療院でのびわ温灸施術も可能になり、民間療法の1つでしかなかったびわ温灸療法が、広く普及するきっかけにもなりました。
 
 この遠赤外線式びわ温灸器の基本部分を開発した方は、ヒーター専門メーカーの社長さんでした。ご自身が腰痛の持病があり、毎日棒もぐさを使ってびわ温灸をやっていたのですが、あまりの面倒くささに嫌気がさし、ご自身で電気ヒーター式のびわ温灸器を開発してしまったそうです。必要は発明の母と申しますが、私も毎日、鍼灸治療院でびわ温灸施術を行っていますので、この遠赤外線式びわ温灸器はすごく扱いやすく、重宝しております。

遠赤外線式びわ温灸器 確かにイニシャルコストは高いですが、ランニングコストは、僅かな電気代とびわの葉のエキス代しかかかりません。半年とか1年以上使うことを考えると、棒もぐさに掛かる費用より安くなるものとと思います。
 何よりも、取り扱いが簡単なので、びわ温灸療法を継続できる点が、最大の特徴かもしれません。
 この遠赤外線式びわ温灸器の商品名は「ユーフォリアQ2」といい、服部ヒーター社製造され、ティエスアイ社から販売されています。また、遠赤外線式枇杷温灸器「ユーフォリアQ2」は、医療用具として、厚生労働省の許可を受けている家庭用医療機器ですので、安心してお使い戴けます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ