● 立って行う操体法 「両手の水平上げ」

これは、橋本敬三先生が考案された、立って行う操体法の一例です。

簡単ですので、ご家庭や仕事場などで、一息付きたいときに是非やって見て下さい。1日1回~2回、15分程度で結構です。

両手水平上げの操体法ですが、①の自然体の姿勢から、両手を水平に上げて、左右のバランスを取ります。
ゆっくりと力まずに、静かに、両手を水平に上げて下さい。
バランスが取れたら、一息すって、1,2,3と数えてから、一気にバサッと脱力しながら、手を下ろします。
ここで、左腕が重いと感じたら、腰をやや左に寄せると自然に左腕が上がり、バランスが取れます。右腕が重たければその逆を行います。

操体法 両手水平上げ


サブコンテンツ

このページの先頭へ