● 立って行う操体法 「足踏みの操体法」

 これは、立って行う操体法の一例です。簡単ですので、ご家庭や仕事場などで、一息付きたいときに是非やって見て下さい。1日1回~2回、15分程度で結構です。

 足踏みの操体法は、まず、足の裏全体で地面を踏みしめながら、全身のバランスを取ります。
 太ももとつま先が水平になるくらいに足を引き上げた後、足の裏全体が床に接地するように、
まず足踏み運動を行います。左右に大きく手を振りながら、膝は90°位になるまで高くあげます。

 手足の動きで、軽く感じる側は少し強めに上げ、重く感じる側は少し強めに下げるようにして、20~50回くらいリズミカルに足踏みを続けます。
立って行う操体法 「足踏みの操体法」
サブコンテンツ

このページの先頭へ