● 立って行う操体法 「左右のねじり操体法」

 これは、橋本敬三先生が考案した、立って行う操体法の一例です。
簡単ですので、ご家庭や仕事場などで、一息付きたいときに是非やって見て下さい。1日1回~2回、15分程度で結構です。
 左右にねじって、全身のバランスをとる操体法です。

① 左へねじる操体法

左へねじる操体法 腰をやや前よりにして、背骨の芯が少しねじ上がるような感じで、目線から振り向いて左へ身体をねじります。
左足の親指と土踏まずを踏みしめるので、右足のかかとはやや浮き気味になります。
身体のねじれ動作が止まったところで、一呼吸付いて、ふっと息を吐きながら脱力して、「自然体」の姿勢に戻します。













② 右へねじる操体法

右へねじる操体法 腰をやや前よりにして、背骨の芯が少しねじ上がるような感じで、目線から振り向いて右へ身体をねじります。
 右足の親指と土踏まずを踏みしめるので、左足のかかとはやや浮き気味になります。
 身体のねじれ動作が止まったところで、一呼吸付いて、ふっと息を吐きながら脱力して、「自然体」の姿勢に戻します。












サブコンテンツ

このページの先頭へ